ATサイエンス日本語版

Current Status
Not Enrolled
Price
€390
Get Started
or

日本語版アレクサンダーテクニーク・サイエンス・ウェビナー
2022年9月

主催:ティム・カッチャトーレ博士(M.STAT, PhD)とパトリック・ジョンソン博士(M.STAT, M.NeVLAT, PhD)

現在の科学とアレクサンダー・テクニークに関する8週間の集中ウェビナーです。自分のワーク について考え、伝えるための、最新のコンセプトの枠組みを手に入れることができます。

“楽しくて取り組みやすい”
“わかりやすい”
“新任教師の必須トレーニングにしたい”
“ハッとする瞬間がたくさん”
“時間とお金をかけるのに、これ以上の投資はないと思う”
“このテーマに関する他のどのセミナーをも凌駕する”

参加者の声の全文はこちら

詳細

  • 20分の詳細なビデオ講義 19本
  • 2時間のライブウェビナー 計8回 (開催日程と時間はこちら
  • 読み物、エッセイ、クイズなどの事前課題
  • 他のアレクサンダー教師との指導法や実践経験の共有
  • アレクサンダー教師、研修中の教師、熱心な学生を対象
  • 参加費用は早期登録8月20日まで390ユーロ、以降は420ユーロ (参加費用はこちら
  • 科学の知識や経験は不要、受講終了証を授与
  • お申込みはこちらから

概要

アレクサンダー・テクニーク(AT)を練習しているとき、何が起こっているのでしょうか?私たちは、さまざまな経験、観察、感覚を持っています。これらの現象は、客観的に表現し、説明することができるのでしょうか?

1920年代にF.M.アレクサンダーがルドルフ・マグヌスの研究に初めて言及して以来、ATはATによる経験を説明するために科学の考え方を借りてきました。反射、重力、驚愕、努力、テンセグリティー、空間認識など、多くの科学的概念がATの文化に浸透しています。

しかし、ATの文化に組み込まれている科学の大部分は、時代遅れであるか、適用が大まかであるかのいずれかです。ATに関する質の高い現代科学が利用できるようになったのは、ここ10~20年のことなのです。

内容

このウェビナーの目的は、現在の科学との関係に向き合い、科学的な説明と概念を最新のものにすることです。 講義、グループ討議、ディスカッションを組み合わせて、誤解を解き、私たちの活動やコミュニケーションの方法を支える最新のモデルを構築していきます。 私たちは、厳密さ、専門用語を使わないコミュニケーション、そして最新の実験への言及を重視しています。 また、知識を確認するために、質問や個人別のフィードバック付きの読み物といった事前課題もあります。

具体的なトピックとしては、姿勢制御、感覚認識、ボディ・スキーマ、ストレス、手技のバイオメカニクス、情動、抑制、方向性などがあります。 アクティビティとして、身体的な錯覚、ボディ・スキーマの体験、抑制テスト、ブレークアウト・ルームでの対話などを予定しています。また、緊張性頸反射、立ち直り反射、染み付いた驚愕パターン、テンセグリティー、自然な動き、といった時代遅れとなっている概念についても挑戦していく予定です。

誰のため?

このウェビナーは、アレクサンダー・テクニークを科学的な観点から理解したいアレクサンダー教師、教師研修中のトレーニー、生徒のためのものです。 科学のバックグラウンドは必要ありません。もしも以前に私たちのワークショップを受けたことがあれば、このウェビナーはコンセプトの補強と教材の強化の両方の役割を果たすでしょう―より深く掘り下げ、読み、質問し、個人的な考察をする機会を提供します。

私たちは7年間、世界各地の聴衆(アイルランド、スペイン、イギリス、ドイツ、イスラエル、オランダ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、スイス、米国)を対象に、ATのワークショップを開催してきました。 私たちの当初の目標は、アレクサンダー・テクニークの厳密な科学を、わかりやすく、楽しい方法で伝えることでした。 その後、ワークショップは内容も範囲も拡大してきました。それらは現在では、我々AT教師が行う活動を客観的、科学的、専門的に考える方法として、より広範な対話の一部となっています。私たちは、このワークショップが生み出した熱意と内容に興奮しています。

私たちについて

ジョンソン博士は、博士号を持つ物理学者であり、15年以上の研究経験と10年以上のAT指導経験を持つアレクサンダー・テクニークのSTAT/NeVLAT認定教師の実践者です。カッチャトーレ博士は、博士号を持つ神経科学者であり、STAT認定教師であり、アレクサンダー・テクニークに関する多くの査読付き科学論文の著者であり、20年にわたる研究経験を持ちます。

ウェビナーの構成

ウェビナーは、短いオンラインビデオ講義、読み物、ライブのオンライン・ディスカッション・セッションに分かれています。毎週、パトリックまたはティムによる20分のビデオ講義(日本語字幕付き)がいくつか割り当てられ、視聴することになります。毎週120分のライブの通訳付きZoomクラスを開催し、教材について話し合い、皆さんの質問に答え、アクティビティで学習を補います。ライブのオンライン・ウェビナーに参加できないときには、オフラインで当日の収録ビデオを受講することができます。なお、ビデオ講義、読み物など、すべてのコンテンツはいつでもご利用いただけます。

開催日程と時間

2022年9月9日から10月28日の8週間にわたり開催されます。ライブのオンライン・ウェビナーは毎週金曜日の午後7時(日本時間)から2時間開催されます。

参加費用

この8週間の日本語版ウェビナー参加費用は、8月20日までの早期登録は390ユーロ、8月21日以降は420ユーロです。ユーロでのお支払いとなります。

申し込み方法

お申し込みは、クレジットカードまたはPaypalでオンライン決済が可能です。こちらの登録/購入ボタンをクリックしてください。

問い合わせ先

申込やお支払いなどその他のご質問はメールでご連絡ください。
Contact us (英語または日本語可)

その他の連絡先

  • 2022年日本語開催に関するご質問窓口(日本語): esco.atsc@nifty.mbr.com (安川悦子宛: ATScience Webinar 2022日本語版開催コーディネート担当)
  • Current Science and Alexander Technique International Webinar全般に関するお問い合わせ先(英語): info@alexandertechniquescience.com

参加者の声

科学的な見地からその仕組みについてもっともらしい説明ができるようになったことで、私の指導は確実に強さと明確さを増しています。私は20年前に教師になって以来、このような明確さを求めてきました。今、私は立派で論理的と感じられる情報の武器を手に入れたので、自分の創造性を発揮し、教える経験を活かして仕事をすることができるようになったと感じます。その上、ATは本当に効果があるのだと確信が持てました。おそらく、ATを試してみたいと思っている人なら、誰にでも効果があるのだと思います

エミリー・フォークナー (AT教師、ニューヨーク、米国 )

あなたの科学的な仕事と、ATコミュニティへの素晴らしいサポートに感謝する理由は、たくさんあります。もしあなたが私たちのコミュニティのより多くの人を教育することができれば、私たちはより自信をもって、より明確に仕事を分かち合うことができます。このコースは、医学界の人々とつながる機会を作り、ATの多くの臨床応用を理解するための扉を開くものです。デビー・キャプランと私は、1985年にこの可能性を夢見ていました…そして今、それは現実となりました。

ジュディス・スターン(AT教師、米国、ニューヨーク州)

このコースをありがとうございました。私の提案は、このコースをすべてのアレクサンダー・テクニーク教師養成コースで必須とすることです。

エレン・ビアホースト博士(アレクサンダーテクニーク教師、米国)

このコースに深い感謝の念を抱いています。このコースは、明らかにティム・カッチャトーレとパトリック・ジョンソンの集中的かつ継続的な研究と思考の結果です。(そして、彼らの他の研究仲間も)。彼らは明らかに、私たちアレクサンダーテクニークの教師(科学的志向のあるなしにかかわらず)全員が、精神運動教育に対するこれらの非常に重要な見方を把握できるような言葉や表現形式を見つけることに細心の注意を払っています。彼らは、温かく迎えてくれます。彼らは、私たちが科学界と専門的な橋渡しをするのを助け、私たちが無意識のうちに持っている仮定や定義をクリアにするのを助けてくれています。この大きな努力の結果、私たちは皆、より良い教師になることでしょう。そして彼らは、私たちの仕事を科学界や世界全体に開放し始めたのです。

サラ・バーカー(サウスカロライナ州、AT教師)

わあ、たくさんのことを学びました。素晴らしいコースです。ATが有効であることは以前から知っていましたが、これほどまでに徹底的に研究された科学に裏打ちされているのですから、さらに自信がつきました。特にボディスキーマのセクションがよかったです。これで私たちの回が終わり、他の人々の学びが始まりますね、すばらしい!

アイリーン・ムニール(AT教師)

本当にありがとうございました。このウェビナーは本当に楽しかったです。いい意味で挑戦的な内容でした。姿勢トーン、スティフネス、マッチング、抑制、ストレスなどに関する私の考え方の多くが明らかになり、それらのアイデアをすぐに生徒と使うことができました。

イブ・バーンフェルド(AT教師、オレゴン州ポートランド市)

とても刺激的で、教育的で、よく構成されたプログラムです。特に録画されたビデオ・プレゼンテーションは貴重で、パトリックとティモシーがATに関連する研究論文を徹底的に吸収し、重要な情報をわかりやすく、生き生きとした形で伝えてくれるからです。最新の科学的知見を得るために、ぜひ受講されることをお勧めします。

ジョン・ニコルズ(AT上級教師、イギリス)

このような素晴らしいクラスを提供してくれたパトリックとティムに感謝します。とてもよくできました。おまけに、私たちのオンラインディスカッションが私の考え方や使い方に影響を与えただけで、私の姿勢がより良い方向に変化していくのを感じることができました。

ジュリー・ポールス博士(AT教師、理学療法士 テキサス州 米国)

私は身体の生理学的な複雑さが好きですが、科学的なことはよくわかりません(どちらかというと芸術的です)。このコースは、私が仕事をする上で、驚くほど理解の助けになりました。皆さんと共有し、議論することで、私の考え方は広がり、今後もより多くのことに耳を傾けることができるようになるでしょう。科学者が常に持っている探究心、答えを求める質問、そして「わからない」と言う謙虚さ。これはアプローチとして学ぶ価値があります ATサイエンスコースを受講してはっきりしたのは、このプログラムをトレーニングコースに組み込んで、ある基本的な概念に関して全員が同じ土台に立つようにすべきだということです。そうすることで、私たちの仕事の統一と広がりの両方に役立つと思います。

テッサ・ヴィオッティ(AT教師、イタリア)

本当にありがとうございました。すべての新任教師の必須トレーニングになればと思います。

キャンディス・コックス(AT教師、オンタリオ州キャッスルタン)

「物事」は見かけほど単純ではないことを知るのは、いつも役に立つものです。素晴らしいウェビナーと、私たちがしていることの現実に対する非常に有益な洞察をありがとうございました。

アンジェラ・ブラッドショー(AT教師、イギリス)

7週間のコースはとても勉強になり、生徒や一般の人たちに対するATの話し方が変わりました。 教材はわかりやすくまとめられており、ライブセッションを最大限に活用できるよう、自分のペースで取り組める時間がたくさんあります。

アンドレア・ウォルシュ(AT教師、イギリス)

あなたやパトリック、その他の方々がATのために行っている活動にとても感謝しています。このウェビナーは新しい情報に富んでいて、ATの指導や学習で何が起こるかについて、より科学的に確かな可能性を開いてくれました。ATがどのように機能するかについて、自分の経験や直感をしばしば確認することができ、興味深い内容でした。この本は、私自身と私の教え方について、これからも情報を提供してくれることでしょう。特に、ボディスキーマとATがどのように機能するかについてのあなたのモデルが好きです。

ドロテア・マゴネット(上級AT教師、イギリス)

ATサイエンスのウェビナーは、とても刺激的で楽しく、集中できるものです。私の手ができることと、そのプロセスをより客観的に自分自身や他の人に伝える方法との間に、使われる言葉によってつながりが生まれました。ディスカッションは活発で興味深く、とてもうまく運営されていました。アレクサンダー・テクニークを科学的研究の論理で探求し、検討することは、高揚感を与えてくれる経験でした。

ゲルダ・ドゥルクス=コック(AT上級教師、イギリス)

ティムとパトリックに、このようによく構成された有益なシリーズをありがとうございました。このシリーズは、私に有益な新しい学びと、ポモナ校でのATと他のアカデミックなコースの両方に生かすことができる多くの明確な情報を与えてくれました。お二人に深く感謝し、お幸せに。

メグ・ジョリー(AT教師、カリフォルニア州、米国)

このウェビナーはとても素晴らしいものでした。お二人は、このような情報と時間を惜しみなく提供してくださいました。これは、私の医学生へのコミュニケーションと、私自身の経験から推測するのではなく、方向性と思考が実際にどのように働くかを理解する方法として、確かに役立ちました。この科学との取り組みは、多くのアレクサンダーの人々を集め、共通の理解や基盤を持つことで孤立感をなくすと思います。あなたがアレクサンダーのコミュニティに大きな貢献をしているように感じ、私たちが時代遅れの概念を使うのを防ぎ、人々が私たちに支払う利益、つまり姿勢を扱うことから逃げないことで、伝統を維持するのを助けているのだと思います。

スザンヌ・パウエル(ニューメキシコ州アルバカーキ、AT教師)

ATサイエンス・ウェビナーは、アレクサンダー・テクニークの適用に関わる生理学的プロセスをよりよく理解し、その理論的前提を再考するきっかけとなった。ティムとパトリックは、アレクサンダー・テクニークの科学的側面とされるものを批判的に検討し、その基本概念の意味を再考するよう促す道を、賢明にも案内してくれます。振り返りとディスカッションのための時間は、現在の科学的知識とテクニックの主観的な経験、そしてその指導と学習の教育的側面を結びつけることを可能にします。このコースは、私たちの職業が個人的にも集団的にも文化的に成長するために重要な貢献をするものです。自分の仕事に関心を持つすべての教師に、このコースを強くお勧めします。

パオロ・フリゴリ(アレクサンダーテクニークアカデミーディレクター。コッカリオ・イタリア)

昨年5月、パトリックとティムのライブ・ワークショップに参加するため、ミネソタからニューヨークまで飛行機で出かけたが、それだけの価値があった。彼らは優れたプレゼンターであり、情報を魅力的かつ容易に理解できるようにしてくれます。科学は進化しており、私たちは常に最新の情報を得る必要があります。もしあなたがアレクサンダー教師か研修生なら、彼らのワークショップほど時間とお金を費やす良い方法はないと思います。

ローレン・ヒル(AT教師、ミネソタ州、米国)

パトリック・ジョンソンとティム・カッチャトーレのライブワークショップは、アレクサンダー・テクニークの科学、テクニークに関する最新の研究、関連する研究についての必要な最新情報を提供してくれるものである。そのプロセスにおいて、このワークショップは、アレクサンダー・テクニークの文献をいまだに支配している、時代遅れの科学的情報の再評価を提供しているのである。

ジャン・フィッシャー(AT教師、教師トレーナー、ムーリッツプレス創設者、グラーツ・オーストリア)

各セグメントは、アレクサンダーテクニークというパズルの多くの部分を、より広い文脈でまとめ上げるのに役立つ、アハモーメントに満ちていることがわかりました。私個人としては、このウェビナーはその問題を解決する上で大きな役割を果たしました。 私たちの職業は、ティムとパトリックのアレクサンダー・テクニークと科学に関するウェビナーを受講する機会があれば、より良いコミュニケーターとなり、より良いものになると思います。とてもおすすめです

ラッセル・シャインバーグ(AT教師研修中、オレゴン州ポートランド市)

アレクサンダーの専門用語を整理する必要がありますか?神話を打ち壊したいと思っていますか?このワークショップは、あなたの言語的・概念的な指導スキルを磨くと同時に、とても魅力的な内容になっています。

キャサリン・ミランダ(AT教師、シラキュース、ニューヨーク州)

私は、ロンドンのConstructive Teaching Centreで開催されたパトリックとティムの現代科学とアレクサンダーテクニークに関するワークショップに何度か参加し、非常に興味深いものであると感じています。 ワークショップは、有益で示唆に富むだけでなく、いくつかの簡単な実験を一緒に行い、終始質問をするように促されるなど、楽しくて魅力的なものでした。パトリックとティムの仕事は、すべての研修生と教師に強くお勧めします。

レジーナ・ストラティル(オーストリア・グラーツ、AT教師)

彼らの知識を分かち合おうとする熱意と寛大さは、アレクサンダーコミュニティにとって有益であり、現在の研究が何を提供してくれるのかに興味を持つアレクサンダー教師には、彼らのプレゼンテーションを温かく薦めます。

スチュアート・ガットマン&エミ・アルゲミ(アレクサンダー・テラサ・ティーチ・トレーニング(バルセロナ)ディレクター)

カッチャトーレ博士は、アレクサンダー・テクニークの神経学的基盤の科学的理解に最も貢献している唯一の生ける科学者である。ジョンソン博士は、尊敬される物理学者であり、非常によく引用されている。二人の専門知識の深さと広さは、このテーマに関する他のどのような公開された情報をも凌ぐものです。

ラジャル・コーエン博士(M.AmSAT、米国アイダホ大学准教授、マインド・イン・ムーブメント・ラボ所長)